企業は、人の集団です。ひとりひとりの個性や能力、そして思想が、企業全体の可能性や方向性に結びつくと言っても過言ではありません。

 そこで私たちはまず、根本哲学として社員ひとりひとりが「人間愛」を実践することから、誠実で相互信頼の上に立つ企業形式を図ろうと 思います。 商品を販売する際に、ほんとうにお客様にとって良き商品であるかどうかを見きわめる必要があると思います。

  利益を優先に置かず、人々のそして社会のしあわせを願いその喜びを 自分たちの喜びとする。そうした広い意味での「人間愛」がまた、企業の 信用向上に寄与するものだと考えます。

 その考えがある限り、 最高の品質と技術とサービスをいつまでも提供することができると確信しています。